土地の価値を知る

自分が所有している土地の価格がいくらになるのか気になる人は多いでしょう。その時には不動産業者を利用することで査定依頼をすることができます。また、市役所でも査定依頼することが可能です。

すっきりしたデザイン

自宅を売る

住宅ローンの支払いをすることができない場合は、競売というモノを行なう必要があります。競売は住まいを安く売ることになるため、少しでも高く売る方法として任意売却というモノがあります。

不動産の職員

物件の販売

自分が持っている不動産を売るためにも不動産仲介業者を利用しましょう。買取のサポートをしてくれる不動産を紹介してくれる業者であり、利用することで個人で買取先を探すよりもスムーズに見つけることができます。

日差しが入ってくる

ポイントを利用

青い壁の家

木材利用ポイントをもらおう

木材利用ポイントとは、戦後植林を続けてきた結果、日本国内で利用される木材の総量とほぼ同じ量が毎年増え続けています。増え続ける人工林に対して、木材の利用が増えない事で、間伐や新たな植林が進まず、土砂崩れや、CO2の吸収能力の減少、病害虫が発生するなど農山村地域の活力低下の原因となっています。そこでスギ、ヒノキ、カラマツなどの特定の地域材を使った、木造住宅の新築や改築、椅子や机などの木製家具や木材ペレットストーブや薪ストーブなどの購入などの際に申請することでポイントをもらうことが出来ます。ただし登録工事業者によって対象となる木材を、必要な量利用しかつ対象となる工法である事が条件となります。またポイント発行期限前でも、上限に達した場合は、発行申請の受付が終了するので注意が必要です。

発行ポイントで交換できるもの

発行された木材利用ポイントは、地域の農林水産品、農山漁村地域の体験型旅行、農林水産品関連の商品券、地域中小企業型商品券、森林づくり・木づかい活動寄附や復興寄附、また総ポイントの半分までですが一派mm型商品券やプリペードカード、木材を利用した工事の代金に充当する即時利用なども出来ます。木材利用ポイントが残っている方にはポイント通知はがきが届きます。またホームページ上のマイページでメールアドレスを登録することにで、ポイント通知や事務局からのお知らせが受け取ることが出来、商品への交換申請も行うことが出来るので非常に便利です。木材利用ポイントにも利用期限が有り、期限を過ぎてしまうとポイントが失効して交換が出来なくなってしますので注意が必要です。