自宅を売る

不動産の職員

競売の前に任意売却を

住宅ローンの返済ができなくなると、債権者が裁判所に競売の申立てを行います。すると自宅は差し押さえられ、競売にかけられ、強制的に自宅は売却されてしまいます。競売は引越し日時に猶予がなく、入札ですので安く売却されてしまい、また周囲に債務滞納により住宅が売却されたことが知られる可能性があるでしょう。こういったリスクを回避するために任意売却が存在します。任意売却も自宅を売却することに違いはありませんが、引越し日時に猶予がもらえ、高値での売却が可能、また周囲に債務滞納による売却だと知られる可能性が低くなっています。よって、競売の前に任意売却をすることがおすすめされています。しかし、競売が開始されると任意売却を行うことができなくなるので注意が必要です。

売却を依頼する業者の種類

任意売却は不動産売却ですので、素人が簡単にできることではありません。そのため専門の任意売却業者に依頼して行います。実は専門業者と言っても仲介業者と買取業者に分類できます。そもそも任意売却は住宅ローンの返済に充てる目的で自宅を売却するので、より高値で売りたいところですが、そのためには多くの買い手を募ることができる仲介業者がお勧めされています。ただ、必ず買い手が見つかるという保証がないので、確実に買い取りをしてもらうのなら買取業者を利用した方がいいでしょう。仲介業者に比べると買い値は下がるかもしれませんが、買取業者でも市場相場で買い取ってもらうことができるので、住宅ローンの大幅な返済が期待できます。早めに売却して住宅ローンの悩みから解放されてください。